2006年08月31日

格安と言われる出版社で、実際いくらかかるのか?

http://homepage2.nifty.com/ebooks/ にて激安自費出版方法公開中!

前回、

出版にかかる費用は、原稿校閲費、編集費等があげられます。
全ての原稿を自分で書いた場合でも、A5判、200ページの本を1000部作るには
大体200万円程度の費用がかかります。

と書きましたが、

実際にはもう少し安く出版する方法もあります。

それは、

お手軽出版○ドッ○コム(http://www.otegarushuppan.com/)

を使う方法です。

このサイトは、比較的安価で簡単に自費出版出来るサイトです。



では、実際にいくらぐらいかかるのか?

実際に見積もりを取ってみました。

見積もり条件は、以下の通り

流通タイプ 流通あり 注文のみ
書籍体裁 ソフトカバー
本文のカラー モノクロ
本の大きさ B6
ページ数 200ページ
印刷部数 300部
流通:290部 お客様:10部
カバー・帯 カバー有
装丁デザイン 自分で作る



これでいくらかかると思いますか?



税込みで\333,427です。



確かに、200万円からしたら格安です。


しかし、よく考えてみてください。

税抜き価格1500円で販売したとして

223部以上売れなければ、

赤字なのです!!!


間違いなくそれ以上売れる保障があれば
それでも良いでしょうが、
普通は、売ってみなきゃどれぐらい売れるかはわかりません。

ちょっとリスクが大きすぎると思いませんか?


私が確立した自費出版の方法であれば
このようなリスクは発生しません。

必要な費用は
わずか2万円の初期費用のみです。

しかも、売れれば売れるほど利益が発生します。

詳しくは↓をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/ebooks/

マニュアルを読んでいただければ、
以下に簡単で、確実に儲けられるかがわかって頂けると思います。

それでは
ラベル:自費出版
posted by 北川眞 at 07:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 自費出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どういった経緯でお越し頂いたかは全く判りませんがトラックバック有難う御座いました。拝読させて頂きました。
Posted by たけ at 2006年09月13日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自費出版をしませんか?(梨花の写真集は自費出版)
Excerpt: 母親が本を出版している。Amazonで検索すればでてくるし、 大きな書店の教育書コーナーにいくと必ずある。 この間、池袋のジュンク堂へいったら店員さんの書評がついていたので ちょっぴ..
Weblog: Beauty&Stupid TOKYO.
Tracked: 2006-09-06 11:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。